プログラムのタイトルを入れてください

この動画を視聴するにはPeer Studyプレミアムに登録するか、
チケット購入が必要です。

※アカウントをお持ちでない方はこちら

在宅医療カレッジ×医療法人社団悠翔会 2023年末特別企画シンポジウム ~3人の実践者と議論する「次世代型移行期ケア」未来の移行期ケアのあるべきカタチ~

在宅医療カレッジ×医療法人社団悠翔会 2023年末特別企画シンポジウム ~3人の実践者と議論する「次世代型移行期ケア」未来の移行期ケアのあるべきカタチ~

115分 39秒

2023年11月30日18:00

■在宅医療カレッジ×医療法人社団悠翔会 2023年末特別企画シンポジウム
3人の実践者と議論する
「次世代型移行期ケア」
未来の移行期ケアのあるべきカタチ

 

■教授
▶織田良正先生
社会医療法人祐愛会織田病院 副院長兼総合診療科部長

2007年佐賀大医学部卒後、09年同大胸部・心臓血管外科入局。同大病院、関連病院に勤務後、14年より社会医療法人祐愛会織田病院循環器科。

15年からは同院連携センターの医師として在宅医療にも従事。

17年佐賀大病院総合診療部、18年同大助教を経て、19年より現職。
 

▶福井大輔先生
株式会社未来企画 代表取締役

1983年、宮城県塩釜市生まれ。宮城県仙台第一高等学校、早稲田大学スポーツ科学部スポーツ医科学科卒業。

大学3年時に、ケニアでのインターン留学を経験。学生時代にはバックパッカーとしても含め、20カ国を旅した。

大学卒業後、総合商社勤務(金属部門)を経て、2013年10月、株式会社未来企画 代表取締役に就任。
 

▶北原奈緒美先生
JA長野厚生連佐久総合病院 訪問看護ステーション統括所長

平成5年佐久看護専門学校卒、佐久総合病院就職。

ICU、消化器内科病棟、地域ケア科(訪問看護) 佐久医療センター分割移転後、緩和ケア内科、がん相談支援センターの勤務を経て、2021年より現職。

 

■モデレータ
▶佐々木 淳
医療法人社団悠翔会 理事長・診療部長
1998年筑波大学卒。社会福祉法人三井記念病院内科・消化器内科にて研修。

2002年東京大学大学院医学系研究科博士課程入学。

2006年、東京都千代田区に在宅療養支援診療所を開設、2008年法人化(医療法人社団悠翔会)、理事長就任。
日本在宅医療連合学会評議員・日本在宅救急医学会理事、内閣府 規制改革推進会議専門委員(医療・介護・感染症対応)、厚労省 薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ構成員(2022年)

登壇者:
織田良正,福井大輔,北原奈緒美,佐々木 淳
お気に入り